みる・はかる・未来へつなぐ科学機器展

出展社詳細

小間番号 21
出展社名 株式会社リガク
https://www.rigaku.com/ja
住所 〒196-8666
東京都昭島市松原町3-9-12
担当部署 株式会社リガク 名古屋営業所
TEL 042-545-8111
FAX 042-544-9795
E-mail ngy-www@rigaku.co.jp
みどころ Niton携帯型成分分析計 XL2 Plus・XL5 Plus、熱伝導率測定装置 TRIDENTを実機展示します。ブース内で毎日X線イメージング、X線回折、蛍光X線、熱分析をご紹介するミニセミナーを開催、パネルも展示します。また、ファミリーデーには親子で楽しめるイベントも予定していますので、リガクブースにぜひお立ち寄りください。
動画
製品情報

熱伝導率測定装置TRIDENT
製品や部品の熱設計を行う上で比熱と熱伝導率の熱特性が求められています。熱分析の代表的な手法である示差走査熱量計DSCは、比熱を算出する方法として広く活用されております。熱伝導率測定装置TRIDENTは、煩雑な試料調整を必要とせずに、粉末・液体・固体・ペースト試料の熱伝導率を3秒以内に高再現性で迅速に測定できるため、熱物理特性の知見を必要とする幅広い分野(研究開発やQC)に貢献します。この展示会では弊社ブース内にてTRIDENTの実機展示、並びに実演測定も行います。

ハンドヘルド型蛍光X線分析計 Nitonシリーズ XL2/XL3t/XL5シリーズ
測りたい場所で、素早く簡単に元素分析が行えるハンドヘルド型蛍光X線分析計。非破壊測定であり、試料前処理が最小限で良く、金属やセラミックス、プラスチックなど様々な素材の測定に活用できます。新製品のXL5 Plusは、シリーズ最小・最軽量でありながら、最高出力の管球を搭載し、従来機に比べMg~Clで代表される軽元素の測定性能がUPしております。また表面処理や機能性めっきといった、めっき厚さの計測ができる測定機能も備え、更に利便性が増しております。是非お立ち寄りいただき、実機をご覧ください。

高速・高分解能X線CT装置のご紹介
X線CTは“非破壊”で物体内部の構造や欠陥状態を容易に観察、解析することを目的とした装置です。観察可能な試料の素材やサイズは多種多様で、研究開発分野から製造/品質管理現場まで、モノ作りの各工程で幅広く活用されております。今回の展示会ではサブミクロンのX線顕微鏡『nano3DX』と卓上型マイクロCT『CT Lab HX』をパネル展示し、またスタッフがブースにおいて、様々な測定事例のご紹介や測定依頼のご相談にもご対応をさせていただきますので、皆様のご来場をお待ちしております。

卓上型X線回折装置:MiniFlexシリーズのパネル展示
製品や素材、材料の構造解析が可能なX線回折(かいせつ)法は、様々な用途に活用されています。X線回折の代表的な手法:化合物の定性分析をはじめとして、残留応力、粉末構造解析、薄膜評価、単結晶構造解析などの分析、及び、電子部品、電池材料、アスベスト分析など広く活用されております。今回の展示会では、卓上型X線回折装置MiniFlexシリーズをパネル展示し、各種アタッチメント、及び、各種測定事例のご紹介を行います。弊社営業員による各種ご相談に対応致しますので、みなさまのご来場をお待ちしております。

卓上型蛍光X線分析装置シリーズのパネル展示
製品や素材、材料の元素分析に蛍光X線分析は広く活用されています。その用途は不純物の管理分析(ppm~)、品質管理、膜厚測定、環境分析など多岐に渡っています。RoHS、ハロゲン(Cl等)、電子部品、電池材料等の定量にも活用できます。今回は卓上型蛍光X線分析装置シリーズとして、簡易的なEDX(エネルギー分散型)NEXシリーズ、及び分解能に優れたWDX(波長分散型)Supermini200をパネル展示致します。各種測定事例、アクセサリのご紹介、弊社営業員による各種ご相談に対応致します。

出展分野

その他