みる・はかる・未来へつなぐ科学機器展

出展社詳細

小間番号 38
出展社名 エスペック株式会社
https://www.espec.co.jp/
住所 〒530-8550
大阪市北区天神橋3-5-6
TEL 06-6358-4741
FAX 06-6358-5500
E-mail csd@espec.jp
みどころ 自動車の電動化や自動運転の実用化に向け、さまざまな実車環境での試験需要が高まっています。
エスペックブースでは、自動車開発の安全・品質を確保するための試験装置をご紹介いたします。
その他、お客様に代わり評価試験を行う受託試験所を完備し、お客様の作業効率アップに貢献いたします。
エスペックは、試験課題に合わせより最適な試験方法をご提案いたしますので、環境試験のお困りごとはエスペックへお任せください。
動画
製品情報

全天候型試験ラボ
「全天候型試験ラボ」は、温湿度や雪、雨、太陽光、霧、風に加え動的気象環境※を再現でき、降雪や降雨、霧といった気象環境に温度や光を加えた複合的な気象環境、みぞれから雪への変化、雨から霧への変化など実際の気象環境も創り出すことができます。モビリティ市場や次世代通信市場など最先端技術では、これまでよりも気象環境の変化の影響を受けやすく、その環境再現が必要となっています。全天候型試験ラボは、これら信頼性課題を見据え、新たな開発技術を搭載したものです。
※動的気象環境:刻々と変化する気象環境のこと

スポット冷却加熱装置
−40℃~+180℃に温度調節した空気を噴射、試料を直接冷却・加熱し、試験を効率化するチャンバーレスシステムです。
携帯機器の5G(第5世代移動通信システム)化や車両の自動運転化を支える電子デバイス等の、恒温環境下での特性評価(電気特性、機械特性)を効率化いたします。

充放電専用恒温槽
世界的なカーボンニュートラルを実現するキーデバイスとして“二次電池”は急速に開発が進み、様々な業界で注目されています。再生可能エネルギーの推進や、自動車の電動化に二次電池は不可欠となっています。一方で二次電池は高出力化・高エネルギー密度化の流れが加速しており、その安全性に関しては課題もあります。万が一の危険を伴う試験だからこそ、エスペックは専用恒温槽で安心・安全を提供します。

出展分野

自動車関連